戦国期の村落と領主権力 - 銭静怡

戦国期の村落と領主権力

Add: otacaqoq3 - Date: 2020-12-04 09:55:09 - Views: 1910 - Clicks: 4112

戦国期の村落と領主権力 吉川弘文館 電子書籍 &165;24,800(+税) 冊子を購入または 発注の場合は、上 記冊子購入確認に チェックをお願いし ます。 内戦遂行のなかで、幕末に導入した西洋式兵学がついに実地に移された。戦争の現場ではいったいなにがお. 書評 銭静怡著『戦国期の村落と領主権力』 / 湯浅 治久 (845):. 書名: 室町戦国期の社会構造: 著者名: 池享編: 著者: 池 享/イケ,ススム 藤井 崇/フジイ,タカシ 徳永 健太郎/トクナガ,ケンタロウ 植田 真平/ウエダ,シンペイ 松園 潤一朗/マツゾノ,ジュンイチロウ 則竹 雄一/ノリタケ,ユウイチ 菊池 浩幸/キクチ,ヒロユキ 銭 静怡/セン,セ.

戦国期の村落と領主権力: 銭静怡: 吉川弘文館: /03 発売 ( A5・225ページ ) isbn:: 価格: 9,350円 ( 本体: 8,500円 ). 8 形態: 5, 365, 9p : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 湯浅, 治久(1960-) 書誌ID: BAISBN:. 西川広平「戦国期の山野利用と領主」 (『中近世甲斐の社会と文化』) 西川広平「治承・寿永内乱期における甲斐源氏の行動」 (『甲斐源氏とその時代 資料集』) 西脇康「密度測定法による甲州金の品質ぶんせき」 (『金山史研究』5集). 00 点 販売店名: WINDY BOOKS on line 詳細は. 価格 9,350円(本体8,500円+税) 発行年月 年03月 判型 A5 isbn. 戦国期の村落と領主権力 出版社 吉川弘文館 著者 銭静怡 内容: 戦国大名と村落との関係はこの時代を解明する重要課題である。 双方向的回路の視角から、北条氏の郷村支配などを題材に実態に迫る。.

書評 銭静怡著『戦国期の村落と領主権力』 日本史研究 = Journal of Japanese history 高木 純一; 巻. 書評 志賀節子『中世荘園制社会の地域構造』. 『荘園』は日本史の教科書に頻繁に出てくる用語ですが、「聞いたことあるし、何となくわかるけど. 戦国期の村落と領主権力 (5人评价) 作者: 銭 静怡 出版社: 吉川弘文館 出版年:年9月20日 赞 回复. 新たな社会統合・秩序形成が行われた地域社会を解明するべく、第一線の研究者が集い、室町戦国期の社会構造について論じる。室町期荘園制論や戦国期守護論、各地域の特殊性、「惣無事」の再検討など15論考を収録する。 著者紹介: 1950年新潟県生まれ。.

戦国期近江における国人領主の展開-永原氏を中心に 『戦国・織豊期の西国社会』 杉橋 隆夫: 鎌倉右大将家と征夷大将軍・補考: 立命館文学624: 鈴木 将典: 戦国大名武田氏の田役と段銭: 信濃64-3: 銭 静怡: 戦国大名浅井氏の菅浦支配: 歴史評論741: 高谷 知佳. Knowledge Worker:丸善新刊案内 年4月号<人文科学>-「Knowledge Worker(ナレッジワーカー)」は丸善雄松堂株式会社が運営する、法人向け書籍販売サービスです。各種分野の専門書、学術書を中心に、丸善ならではのサービスをご提供いたします。. 第49回室町期研究会例会のお知らせ 【日時】 年4月27日(水) 18:30~ 【場所】 明治大学グローバルフロント 3階403n教室 【報告者】 銭 静怡 氏 【題目】「戦国大名北条氏の郷村支配と土豪層」 【.

著者:钱静怡. 吉川弘文館 銭静怡. 79-82 書評 原口大輔著『貴族院議長・徳川家達と明治立憲制』 / 後藤 致人.

戦国期の村落と領主権力 出版社 吉川弘文館 著者 銭静怡 内容: 戦国大名と村落との関係はこの時代を解明する重要課題である。 双方向的回路の視角から、北条氏の郷村支配などを題材に実態に迫る。 価格: 9,180 円 レビュー: 0 件 / 平均評価: 0. 銭静怡著『戦国期の村落と領主権力』 高木純一: 藤本仁文著『将軍権力と近世国家』 岩城卓二: 井奥成彦・谷本雅之編『豪農たちの近世・近代 ―19世紀南山城の社会と経済』 熊谷光子. 7net、西武・そごう、イトーヨーカドー、アカチャンホンポ、LOFTが集結した「オムニ7」。nanacoポイントが貯まりセブン-イレブンでの店舗受取・返品が可能、セブン&アイの安心安全なネットショッピ. 第49回室町期研究会例会のお知らせ【日時】 年4月27日(水) 18:30~【場所】 明治大学グローバルフロント 3階403n教室【報告者】 銭 静怡 氏【題目】「戦国大名北条氏の郷村支配と土豪層」【参考文献】∙池上裕子「中近世移行期を考える―村落論を中心に」(『日本中近世移行期論』校倉. 戦国期における菅浦の借銭問題―天文年間の借銭事例の再検討を中心に (池享编《室町戦国期の社会構造》,吉川弘文館, 年).

」という微妙な用語の筆頭ではないでしょうか。 そこで今回は土地制度の一つとしても大きい「荘園制度. 戦国期和泉国日根荘における根来寺僧の動向と荘園領主 第二章. Webcat Plus: 室町戦国期の社会構造, 新たな社会統合・秩序形成が行われた地域社会を解明するべく、第一線の研究者が集い、テーマや対象地域の違いを越えて論じ合う。室町期荘園制論や戦国期守護論、各地域の特殊性、「惣無事」の再検討など一五論考を収録。. 歴史・地理(本・コミック)のネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。nanacoポイントも貯まって使える便利でお得なショッピングサイトです. 銭 静怡 戦国期の村落と領主権力 吉川弘文館 菊地 浩之 織田家臣団の謎 kadokawa 外岡 慎一郎 「関ケ原」を読む 同成社 奈倉 哲三 戊辰戦争の新視点 下 吉川弘文館 申 尚穆 韓国の外交官が語る世界が見習うべ.

中世後期の領主権力と地域社会-和泉国日根荘を中心に- 第Ⅱ部. 戦国期の村落と領主権力: 銭 静怡: 吉川弘文館: : gd005: 室町幕府の外様衆と奉公衆 (同成社中世史選書 ; 24) 木下 聡: 同成社: : go. 出版社 吉川弘文館 著者 銭静怡 内容: 戦国大名と村落との関係はこの時代を解明する重要課題である。双方向的回路の視角から、北条氏の郷村支配などを題材に実態に迫る。: 伊.

反銭は銭納がたてまえで春秋2期に徴収するのが普通であった。 懸銭は、本来は反銭の付加税で後単独税となり、通常秋に1度徴収した。 棟別銭は屋敷1軒を標準とする家屋税で銭納と現物納とがあり、これも通常臨時税であったものが定納化した。. 戦前期『主婦之友』における職業婦人イメージの形成と変容―「職業婦人」と「主婦」イメージの接続― 社会学評論 69(3) 濱 貴子: : 日本社会学会: 論文: 10: 戦国期の村落と領主権力: 銭 静怡【著】 : 吉川弘文館: 著書: 11 54-61 高木 純一. 概要: 領域支配を目指す戦国大名と、自立志向を強める村落との関係は、この時代を解明する重要課題である。近世への連続を重視する移行期村落論を経て、地域間の特性に注目する. あらためて村落とは何か ―大山喬平・三枝暁子編『古代・中世の地域社会』を中心に― Reimagining the Medieval Villages: 似鳥雄一 NITADORI Yuichi 書 評 : 植田真平著『鎌倉府の支配と権力』 山田邦明 書 評 : 銭静怡著『戦国期の村落と領主権力』 湯浅治久. 5 形態: xvi, 328, 5p ; 22cm 著者名: 藤木, 久志(1933-) 書誌ID: BAISBN:. 書評 銭静怡著『戦国期の村落と領主権力』.

戦国期の村落と領主権力 (5人评价) 作者: 銭 静怡 出版社: 吉川弘文館 出版年:年1月23日 赞 回复. 書評 銭静怡著『戦国期の村落と領主権力』 司馬遼太郎の戦国 戦国期の村落と領主権力 - 銭静怡 明智光秀の時代 : 「国盗り物語」を訪ねて(6)家康の決断 司馬遼太郎の戦国 明智光秀の時代 : 「国盗り物語」を訪ねて(5)比叡山の信長. 歴史学研究 = Journal of historical studies. DOORSは同志社大学の学術情報検索システムの名称です。蔵書を検索して、資料の所在や利用状況を知ることができます。DOGS Plus、学術リポジトリ、同志社女子大学、CiNii Books、CiNii Articles、NDLサーチを検索することもできます。. 中世~近世における「自治」の実態と変容 第四章. ・前川祐一郎「戦国期京都における室町幕府法と訴訟 ―撰銭令と徳政令を中心に―」(勝俣鎮夫編『中世人の生活世界』山川出版社、1996年) ・銭静怡「戦国大名浅井氏の菅浦支配」(『歴史評論. 日本の近世期,領主権力の基礎として掌握された百姓。 17世紀前半期には年貢とともに 夫役 (ぶやく)を負担した役負(やくおい)百姓をさし,1660~70年代(寛文・延宝期)を境にして高請地(たかうけち)を所持する 高持 百姓をさすようになる。. 『戦国大名武田氏』 銭 静怡: 戦国期菅浦における領主支配の変遷-年貢・公事銭請取状の分析を通じて: 日本歴史757: 高谷 知佳 (書評)仁木宏著『京都の都市共同体と権力』 市大日本史14: 高橋 秀樹: 鎌倉時代における藤氏長者の本所裁判: 日本歴史756: 竹間.

日本史研究 = Journal of Japanese history. 書評と紹介 銭静怡著『戦国期の村落と領主権力』 深谷 幸治 日本歴史 (849), 97-99, -02. 戦国期菅浦における領主支配の変遷―年貢・公事銭請取状の分析を通じて (《日本歴史》 757 号, 年 6 月号) 4. 書評 銭静怡著『戦国期の村落と領主権力』 高木 純一 日本史研究 = Journal of Japanese history年10月 招待有り. 国立国会図書館検索・申込オンラインサービス(略称:国立国会図書館オンライン)は、国立国会図書館の所蔵資料及び国立国会図書館で利用可能なデジタルコンテンツを検索し、各種の申込みができる. 佐藤錦 さくらんぼ Lサイズ箱 約1kg入 青森県産 数量限定 - www. 戦国期和泉国日根荘にみる代官請負の意義 第三章. 中世後期の地域と在地領主 資料種別: 図書 責任表示: 湯浅治久著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,.

村と領主の戦国世界 資料種別: 図書 責任表示: 藤木久志著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1997. 中世村落における惣. 戦国期社会の構造 戦国時代の盛期はいつなのか / 則竹雄一 著: 部分タイトル: 戦国期における在地領主と地域社会 / 菊池浩幸 著: 部分タイトル: 戦国期における菅浦の借銭問題 / 銭静怡 著: 部分タイトル: 後北条領国における聖護院門跡と山伏 / 近藤祐介 著. 出版社:吉川弘文馆.

1977年 中国江蘇省無錫市に生まれる。年 中国華東師範大学外国語学院日本語学部卒業。年 一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)。. 018: 織田信長 : 近代の胎動 (日本史リブレット人 ; 045) 藤田 達生: 山川出版社: : gj018: 十七世紀日本の. 48-51 高木純一.

銭 静怡 ( セン セイイ ) ( 著/文 ). 书名:戦国期の村落と領主権力.

戦国期の村落と領主権力 - 銭静怡

email: haqopoky@gmail.com - phone:(330) 852-3424 x 3838

ねこぱんちプレミアム幸 - アンソロジー - リンボウ先生の大人の知的旅行術

-> 子どもの安全を守る!学校生活のチェックポイント&防止策50 - 坂野重法
-> (1392)NOLTY ネクサスバーチカル(ブラック)

戦国期の村落と領主権力 - 銭静怡 - 質感の行動科学 穐山貞登


Sitemap 1

不思議な数eの物語 - E・マオール - CALENDAR 古代ローマのくらし MISUZU